朝食を食べないダイエットをする時は体重が増えるリスクに注意

体重を落としたいと思う人の多くは、食事量を減らすことで、カロリー摂取量を抑制するようです。

朝はコーヒー一杯程度しか摂らないという生活スタイルの人もいます。

昼食と夕食は今までどおりの食事内容でも、朝ご飯さえなくせば、カロリー摂取量を減らせるというやり方です。

朝ご飯を抜くことは妙案のように感じられますが、実際にしばらく朝ご飯を食べないでいると、体重が増えるという可能性もあります。

起きてから、昼までの間に何もカロリーを摂取していないと、飢餓感が強まり、精神的に苦しくなります。

どんなに意思の力が強い人でも、程度の差こそあれ、気づかないうちに欲求はわき上がってくるものです。

つまり、朝ご飯を食べずに午前中の活動をしていると、昼には普段よりお腹がすきやすくなってしまうのです。

空腹感が強いと、目の前の食事をたくさん食べたいという気持ちになり、無意識のうちに食べ過ぎてしまったりします。

体重が増えるほど食べていないはずが、空腹感に背中を押されて、気づけばたくさん食べるようになっていたということもあります。

人体は、食事を抜いたことで体重が減るものではなく、減ったとしても後で反動がきます。

ダイエットを成功させるためには、人体と体重との関わりをある程度認識しておくことが重要です。

体重が増える理由や、減る理由を確認し、自分の身体に何が起こっているかを理解することがダイエットのポイントです。