食事制限によるダイエット方法は失敗しやすいのか

どうすれば体重が少なくなるかを理解した上で食事を減らすことが、食事制限ダイエットでは大切になります。

食事制限ダイエットは、摂取カロリーを減らして痩せることを目的にしたダイエット方法です。

食事を減らせば、一日に使うカロリーは、食事で得る量よりも多くなって当然だと思い込んでいる人もいます。

けれども、食事制限をやりすぎるとダイエット効果が得られないことがあります。

無理な食事制限をすると体が必要とする栄養素が不足してしまうため、基礎代謝が低下をします。

人の体は、何もしないで横たわっていても、体温維持や消化活動などでエネルギーを使います。

これを基礎代謝といいます。

基礎代謝が高い人ほどダイエット効果が得やすいということになりますが、食事量を減らすと基礎代謝が下がるので、ダイエットしづらくなります。

このような体では、食べたものをエネルギーに効率的に換えることができず、あまったエネルギーが脂肪として蓄積をしてしまうのです。

ダイエット以前のカロリー量に戻した時に、基礎代謝が低い体になっていると、使い切れないカロリーが大量に脂肪になります。

ダイエットに食事制限を取り入れる場合は、短期間で食事を少なくしすぎないようにしましょう。

いきなり食事量を大きく減らすのではなく、少しずつ減らしていくことで、基礎代謝の低下を防ぐことができます。

極端な食事制限を行うと、お腹がぺこぺこになった時に食欲を抑制するのがつらくなりますので、身体を慣らしていきながら、カロリー制限を進めていくといいでしょう。