光エステがあれば自宅で脱毛処理が可能

最近は、家庭で使える脱毛機器を使うことで、エステに行かずに光を用いた脱毛が可能になりました。

脱毛の施術には、光を使う手法と、レーザーを使う手法とがあり、それぞれ効果の程度が異なります。

レーザーの性質を使って毛根に作用するレーザー脱毛は、美容外科などのクリニックで受けられます。

脱毛を施したい箇所にレーザー光を当てることによって、毛根の中にあるメラニンで熱が生じ、毛根で新しいムダ毛の細胞ができないようにします。

レーザーの熱を受けた時に痛みを感じるという方もいるため、人によっては適していない方法であるともいえます。

痛みに耐性が低いという人は、レーザー脱毛ではなく光脱毛のほうが向いています。

専門施設ほどの脱毛効果はないですが、家庭で使う光脱毛器は繰り返し使えて、しかも痛みがあってもごく弱いものです。

エステのように、一度に大幅な脱毛効果は得られないかもしれませんが、自宅用でなら何回でも光脱毛ができます。

家庭で使える光脱毛機器が販売されるようになったことで、エステに通うのは気が進まないという人でも脱毛ケアが可能になりました。

光エステとは、よくエステサロンで行われていたフラッシュ脱毛の原理を、家庭用の脱毛機器に使用したものになります。

光脱毛は、レーザー脱毛と同じように、黒い色のある部分に熱が集まる性質を利用して、毛根の再生力を失わせるというものになります。

光を用いた脱毛のほうが肌への刺激が小さく済みますので、家庭での光脱毛器を使ってみるのはいい方法です。