リバウンドを防ぐには食事制限だけでなく適度な運動も必要

リバウンドをする体のメカニズムを理解して発生する原因を知れば、防止方法が分かってきます。

リバウンドは、ダイエットのためにと一時的に減らしていた食事を、減量が成功したからと元の量に戻した時に起きる現象といえます。

食事制限を行っているうちは手軽に体重を落とすことができますが、食事の量を元通りのものにすると使い切れなかったカロリーが体脂肪になって蓄積されます。

食事制限は食べる量を減らしているだけなので、体そのものは何の変化もしていないのです。

ずっと食事の量を少なくしたままでいられればリバウンドが起きずにいられるでしょうが、健康を損ねてしまう可能性があります。

体質を改善し、体重が増えづらい体になれば、ダイエットをしながらリバウンドの防止もできます。

体の基礎代謝という存在が非常に重要で、この基礎代謝を向上させることができれば、リバウンドしにくくなります。

じっとしていてもカロリーが消費できる状態になるには、基礎代謝の高い体質になって、一日に使うカロリーを多くすることです。

運動量を増やし、全身に筋肉をつけることで、基礎代謝の高い体になり、リバウンドを防止することができます。

筋肉が増えると基礎代謝も上がっていくので、それがリバウンドを防ぐために役に立つのです。

リバウンドを防止するには、食事制限によるダイエットだけでなく、適度な運動も組み込むことがポイントです。

リバウンドを防止しながらダイエットをするなら、食事を減らすだけでなく、運動量も増やすように心がけましょう。